各ループを使用してさらに良くなるソフトウェア ローカリゼーション

各ループを使用してさらに良くなるソフトウェア ローカリゼーション

ローカリゼーションが重荷にならないようにしてください。複数のブランチで、楽々とシームレスに、同時進行でアプリケーションの開発と翻訳を行います。エンジニアリング インフラストラクチャをスケーリングするのと同じ方法で、ローカリゼーションをスケーリングします。
ドキュメントを参照してください
私たちのアプローチ

当然、他のローカリゼーションソリューションのプロバイダーから自動化や開発者との適合性について聞いたことがあるでしょう。一般的に、それらのプロバイダーが提供するサービス内容は、ファイル転送の自動化、翻訳のジョブ要求の開始、および翻訳ステータスの確認を実行するAPIです。これはいかにも2000年代的です!よくても、プリミティブな設定を備えているか、翻訳のファイルを選択して送信し、それらをマージして戻し、ファイルの競合を手動で解決する手順を要求するGitHubリポジトリへのコネクタが得られるくらいのものです。

Smartcatにおいて、私たちが提供するサービス内容は、真に自動化された連続的なローカリゼーション アプローチです。それらは次の原則に基づきます。

保守性能

コードとしてのローカリゼーション インフラストラクチャ。ローカリゼーションの自動化のすべては、一度書き込まれたら構成ファイルで表すことができます。またそれは、信頼できる唯一の情報源として使用されます。ローカリゼーション インフラストラクチャは、信頼性が高く、再現性があり、透過的です。

柔軟

複数のソースファイル形式とバージョン管理システム。高度なリソースの前処理および後処理。言語方言を網羅する翻訳の自動反映。翻訳に関するコメントおよびプレビュー リンクの自動生成。1つの論理的な翻訳プロジェクト内で複数のリポジトリを使用して作業することを含め、プロジェクトのフォルダーやファイル構造の種類を問わず、作業することができます。

信頼性が高くエンジニアフレンドリー

No merge conflicts. Ever.翻訳が上がったら、遠慮なく、同時進行でリポジトリでリソースファイルを更新できます。実際、ローカリゼーションのファイルについて心配する必要は全くありません。ソース言語のリソースを管理することに焦点を当てるだけです。ローカライズされたリソースは、変更と同期して保持されます。

詳細

プロジェクト単位またはリソースのファイルベース単位でターゲット言語を選択できます。会社に必要なものを意識的に決定することにより、翻訳のコストが削減されます。

“コードを管理するようにして、文字列を管理できるようになりました。新しいブランチを作成して、それらをマージし、ロールバックすることができます — その間中ずっと、Serge–Smartcatのバンドルにより、バックグラウンドのジョブがすべて処理され、レポジトリでローカル化されたその特定のブランチに文字列が提供されるのです。魔法のように機能します!”

Maxim Kungurtsev

Xsollaのフロントエンド開発者

Xsollaの導入事例をご覧ください →

一貫性

複数形とプレースホルダーのサポートまたは擬似ローカリゼーションなど、一般的にプラットフォームへの依存性が高いものとして扱われる機能が、プラットフォーム、プログラミング言語、およびファイル形式を通して一貫してサポートされます。

(今まで通り、1回限りの翻訳タスクのファイルをアップロードする便利なインターフェイスを使用しているのだけれど) マーケティング コンテンツの翻訳は、製品の文字列の翻訳と同じ方法で扱われます。

セキュア

専用のファイル形式またはSDKはありません。可能な限り、お使いのプラットフォームの国際化のベストプラクティスに従うことを望んでいることと思われます。

ローカリゼーションの自動化を、利便性を求めてSmartcatサイドで実行するか、または追加のセキュリティと回復力を得るために自分サイドで実行するかは、お客様次第です。セルフホストのローカリゼーションの自動化を行う場合、ローカリゼーション インフラストラクチャはセルフサービスになります。また、ローカリゼーションのファイルは、リモートAPIの可用性に関係なく、引き続き更新されます。

透明性

ローカリゼーションのアクティビティのすべてがコンテンツのバージョン管理システムを経由しますので、監視、バックアップおよび復元することができます。

適応性

開発ワークフローを尊重しています。1つの開発ブランチだけ、または複数の機能ブランチを使用するのですか?システムでは両方のオプションがサポートされます。もちろん、フリーレベルでも。

CI/CD対応

ローカリゼーションの自動化全体が、バージョン管理サーバーを中心として構築されます (Gitなど)。自動化パイプラインの一部として、ローカリゼーション ファイルのための組み込みの前処理・後処理サービスが提供されるため、お客様サイドでファイルを修正することなくそのまま、それらをビルドの継続的インテグレーションに使用できるようになります。

アジャイルよりも高速

ローカリゼーション ファイルは、ソース言語のファイルが変更されたら、たった数分で自動更新されます。プロセスはノンストップで機能し、監督を必要としません。最も魅力的な部分: エンジニアリング、QAおよびデザインチーム間で全く異なる種類の相互作用を解き放ちます。コードの配信前、または内部ビルドのコンテキストで国際化QAを実施する前でさえも、翻訳を開始することができます。

“Smartcatツールを使用する前は、翻訳プロセスが38個の手順で構成されていました — Smartcatによりこの手順を6個に減らすことができました!Smartcatにより、新しいフリーランサーのオンボーディング プロセスも簡素化され、全体としての効率性は、プラットフォームのベンダー管理機能、マーケットプレイス、およびオープンAPIにより、かなり向上しました。”

アレクサンダー・マルケヴィチ

Flo Health Inc.のローカリゼーション部門のチームリーダー

Flo Healthの導入事例をご覧ください →

ベンダーロックインがありません

お使いの自動インフラストラクチャを所有できます。使用/開発する外部システムのコネクターが何であれ、それらはSmartcatの専用APIに固有なものではありません。開発者は2回もデータ移行してコードを書くことを嫌うと思われますので、私たちが「ロックインがありません」と語る場合、実際その通りの意味で使われています。

データロックインがありません

いつでも、カスタム レポート、エクスポートまたは統合のシナリオの開発に適し、作業の容易なSQLite形式でプロジェクト/翻訳のデータベースを取得できます。

スケーラブル

1個、5個または25個の言語ですか?全く問題ありません。良い自動化プロセスを使用すると、新しい言語の追加が定型業務に変わり、実質的には管理オーバーヘッドを導入しません。

ただし、ファイル処理の自動化については、その話のほんの一部に過ぎません。Smartcatでは、堅牢な自動プロセスの管理ワークフロー、盛大なるマーケットプレイスでの言語サービス提供者との自動マッチング、完全な支払いの自動化がサービス提供され、そうしたローカリゼーションへの全体的なアプローチが、Smartcatを唯一のローカリゼーション プラットフォームに変えています。

オープンでお手頃

オープンソース ソフトウェアを大いに信じています。構築される自動化技術とコネクターは、無料かつオープンソースです。これは、素直に無料のサブスクリプション レベルの組み合わせなので、本当に心に余裕を与えてくれます。ただし、有料または管理されたサポートをお求めの場合、または複数のベンダーの支払いを簡略化する場合は、私たちに相談してください。